イライラを手放すために、まず始めること その1

違いを知る

自分と子どもとの価値観が違うので、
そのギャップでイライラすることがあります。

例えば、ヒーロー物のおもちゃが入っていた箱。

親にとっては、おもちゃを出した時点でもういらない箱。
子どもにとっては、おもちゃの一部として取って置きたい物。

親の視点や価値観で箱を見ると、
「この箱もういらないでしょ。捨てるわよ」となります。

子どもの視点や価値観で見ると
「捨てちゃダメ。取っとくの」となります。

そうすると、親は「邪魔だから捨てたいのに!!」と段々イライラしてきます。

ここで、親が子どもの視点や価値観を理解しておくと
「私には邪魔な箱だけど、この子には大事な箱なんだ」
と捉えることができるようになりイライラする度合いが低くなります。

フィンランドの保育園での話

フィンランドの保育園を視察した時の話しです。
園長先生がこう話してくれました。

保育園にくる年齢の子ども達には
お互いが違うと言う事を理解することが大事と教えています。

あなたと子どもは別人です。価値観だって違います。
同じものを見て、100%あなたと同じ捉え方はしません。
そもそも、自分と子どもは違うんだって事に気づきましょう。
そして、違っていいんだって事を教えてあげましょう。

気付いてしまえば、大丈夫

価値観の違いに気付くだけで
子育てのイライラを手放す事ができます。

自分と子どもの価値観の違いだけでなく
旦那さんや奥さんとの間でも価値観の違いはあると思います。

そもそも、価値観が違うんだから
「あなたはそう思ったのね」と
受けとめることが大事です。

誰かの価値観に合わせる必要もないし
自分の価値観を無理に変えなくてもいいし
自分にない新しい価値観や「それ良い」っていう価値観に出会った時は
その新しい価値観を自分の価値観に付け足してもいい。

違いに気付いて、それが良いと思ったら
価値観をVer.UPするチャンス!!

「あなたはそう思ったのね。その価値観ステキ!!」と思ったら
その瞬間からあなたの価値観をVer.UPしちゃいましょう。

だれも文句言いませんから。

コントロールしようとしない

「私はこう思うから、こうしなさい」と
子どもやパートナーをコントロールしようとして
その思い通りに行動してくれないとイライラします。

例えば、ちらかった部屋を見て
親が「片付けないさい」と言うと
子どもが「あとでね」と答える。

今すぐ片づけてほしい親からしたら
この答えでイライラしてくるわけです。

今片づけてほしいのは、あなたで
子どもは楽しんでるから、今片づけたくないわけです。

こんな時はこうしてみよう

先にゴールを決めちゃいましょう。

目標を立てる時は「いつやるか?」を決めますが
「いつまでにやるか?」を決めないことが多いです。

なので「何時までに片付けられる?」と子どもに質問してみましょう。

あなたは「やりなさい!!」と言われて、やる気を持って取り組めますか?
僕はできません。強制されると、嫌になりますから。

大事なのは、自分で決めてもらう事です。

人から言われてやるのと、自分で決めてやるのとでは
やる気も違うし、やる気が持続する時間も全然違います。

イライラを手放すためにして欲しいこと

  • 価値観の違いに気付く
  • 価値観は付け足していっても良い
  • コントロールしようとしない

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ