大事にするってどういうこと?

今日のしつもん

大事にするってどういうこと?

大事にするって大切にしてねってこと

息子がおもちゃを片付けている時のこと。

片付けていたのは
いろんな形の紙パーツ。
パズルのピースみたいなやつ。

床に散らばっていたので
片づけてくれない?って
お願いしてみた。

そしたらですねぇ…
足の指でちょちょ〜いって寄せて
おしまい。

おいっ!!

ってなったわけです。

僕は息子にこう言いました。

「それさ、おもちゃがかわいそうだよ。
そのおもちゃ、いらないの?
必要なら、もっと丁寧にやらないと。
自分が足で扱われてるのと一緒よ。
丁寧ってわかる?大事にするってことよ」

想像したら嫌じゃない?
自分が足でちょちょ〜いって扱われるの。

おもちゃだけじゃなくて
物を大事にするって
ありがとうって感謝の気持ちを持って
物にも接することだと思うんです。

これって、人も一緒だよね。

この間も、こんな事がありました。

幼稚園で担任の先生から教えてもらった出来事。

新しく買った保冷タイプの水筒を
息子が買ってから3日目位で壊しちゃったんです。

嬉しさもあって
肩から下げられる紐付きの水筒を
お散歩させてたらしい。

紐で水筒を引っ張って
廊下を歩いたり、階段を上ったりして。

そしたら、紐がかかっている部分のパーツが
壊れてしまい、紐が取れちゃった。

その時に、息子は担任の先生に一言

「また新しいの買えばいいさ」

って言ったそうです。

そしたら先生は

「そうだね。
でも、大事に使った方がお父さんもお母さんも
喜んでくれるよ」

と言ってくれたそうです。

それを聞いた息子は

「じゃ、なおすから
せんせい、せっちゃくざいどこ?」

て先生に聞いたんだって。

先生が接着剤は幼稚園に無いことを伝えると

「じゃ、てーぷでいっか」

と言って直そうとしたそうです。

これには担任の先生も
ちょっと驚いたそうです。

「接着剤なんて知ってるんですね」

って言われちゃいました。

「そこか!!」って感じだったけどね。

で、この時に僕は息子にこう伝えました。

「壊れたら新しい物を買えばいいかも知れない。
でも、大事にされたら水筒も喜んでくれる。
だから、今度はもっと大事にしてね。
大事にするってわかる?
大切にするってことよ。」

子供って
おもちゃとか本とか食器なんかを
「いらない!!」とか「いや!!」って言いながら
投げたりすることがあります。

最近は
投げても壊れない素材で出来たものも多いから
子供は投げたら壊れるって事を知らない事もある。

だからこそ
大切にするってことがどういうことなのか
親が伝える必要があるんじゃないのかなと思った。

b94b34fe41770a94c30870f04901d5f5_m

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ