子育てに「しつもん」を活用すると得られる2つの効果について

37

ぼくさ、息子に毎日いろんなしつもんしてるんだよね。

例えば

「幼稚園楽しかった?」とか
「今日はどんなことして遊んだの?」
「晩ごはん、回転ずしと沖縄そばと牛丼屋さんどれにする?」

とか

しつもんすると、息子は答えてくれるんだよね。

これが、子育てにしつもんを活用すると得られる効果。

わかった?

これだけじゃわからんよね、きっと。

効果の1つとしては
しつもんすると、答えてくれるってことは
親子の会話が増えるんだよね。

うちの息子に
「幼稚園楽しかった?」ってしつもんすると
「楽しかった」って答えたりするのね。

そしたら今度は
「何が楽しかった?」ってしつもんしてみるの。

そしたら
「たたかいごっこ」とか答えるのね。

さらに
「どんな風に戦うの?」ってしつもんしてみると
また答えてくれるんだよね。

答えを掘り下げていくと
親子の会話も続くでしょ。

ってことで、1つ目の効果は
親子の会話が増えるってことね。

もう1つの効果としては
しつもんすると、その答えは何だろうって考えるから
考える力を養う練習になる。

うちの息子に
「今日はどんなことして遊んだの?」ってしつもんすると
「○○と遊んだ」って答えたりする。

で、ここでも掘り下げてみるの
「何して遊んだの?」って感じで。

そうすると頭の中で回想するの
「えっと・・・、うんと・・・」って感じで

で、
「たたかいした」とか答えるの

そしたら今度は
「他には?」ってしつもんしてみるのね。

そうするとまた
「えっと・・・、うんと・・・」って感じで
何したかなぁって考えて答えるんだよね。

わかります?
しつもんすると、その答えを探そうとして
頭で考えるんだよね。

ってことで、もう1つの効果は
しつもんすると、その答えは何だろうって考えるから
考える力を養う練習になる。

これが
子育てにしつもんすると得られる効果だと僕は思ってます。

あなたはどう思う?

よしべーの魔法の質問

子育てにしつもんを活用すると
どんな良い効果があると思いますか?

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

メルマガ登録はこちら↓

メルマガページ写真590×155

ポッドキャスト購読はこちら↓

radio-link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ