応援の力は凄い

7月末に
家族で北海道に行ってきました。

うちの奥さんと息子にとっては
初めての北海道。

今回の目的は
旭山動物園とラベンダーとジンギスカン。

image

その他にもいくつか周りました。

例えば
宿の人おすすめの
外国人があまり来ないソフトクリーム屋さんとか
空港近くにあるソフトクリーム屋さんとか
サクランボ狩りとか
チーズ工場とか。

image

あ、このチーズ工場に行った時に
北海道の凄さを感じました。

というか
もう少しで北海道を嫌いになるところでした。

何があったかというと
借りてる車が
周りに畑しかない場所で
ガス欠により動けなくなりそうだった。

この時は、本当に焦ったなぁ~

というか
北海道での移動距離をなめてたかも。

この日は
ラベンダーを見るために
ファーム富田ってところに行きました。

その後に、十勝にあるチーズ工場に向かったわけですが
その距離が約140km。
2時間くらい走りっぱなし。

で、工場見学を終えて
また同じ道のりを戻るんですよ。

これが、辛い…

途中、峠のような場所があって
霧が濃くて道路が見えない。

さらに、追い打ちをかけるように
ガソリン残量がどんどん減っていく。

チーズ工場からの帰りには
半分残っていたガソリンも
峠を越えたあたりから
2→1とメモリが減っていく。

周りにはガソリンスタンドが見当たらない。

で、どうなるかって言うと
「大丈夫かなぁ」と焦りだし
ちょっとしたことでイライラしてくるんです。

息子が
「このうた、りぴーとして」と言っきても
「うるさい、自分でやれやぁ」と言い返してたり

霧の深い峠を集中力を切らさずに
慎重に運転して疲れていたこともあって
「お疲れ様とかの一言もないわけ?」と
うちの奥さんと息子に言っていたり

そんな事を言ってしまっている自分に腹が立って
自分を責めたり。

そんな状態で車を走らせながら
残り少ないガソリンを気にしつつ
車を走らせてました。

北海道って
こんなにガソリンスタンドって無いの?
何度そう思ったことでしょう。

「もう北海道やだー」
本当にそう思いました。

でもね、
この時に
家族の有り難さを
感じる出来事がありました

「私がスマホで検索しようか」と
うちの奥さんが言ってくれました。

「とーちゃん、ばんがれ」と
息子が声をかけてくれました。

この時は
本当に嬉しかったなぁ。

やっぱり、
家族の協力とか
家族の応援の力って
すごくパワーをもらえるんです。

子供は親に応援されたら
嬉しいしそれだけで力が湧いてくる。

夫婦も一緒で
お互いがお互いを
応援したり支え合うことによって
より力を発揮できる

応援の力って本当に強力なんです。

で、車はどうなったかというと
本当は営業時間が終わってるんじゃないのって感じの
スタッフはいるけど照明が消えていたガソリンスタンドで
満タンにしてもらいました☆

こうなるとホッと一安心。

ガソリンは無事に満タンにする事ができたし
こんだけ頑張ったので
この日の晩ごはんは
ジンギスカンを食べに旭川まで行きました。

image

終わり良ければ全て良しってことで
「北海道、また来よう」って思いました。

ただねぇ~
最後の最後にやってしまったんですよ。

食べ終わってお会計する時に
お財布を車の中に忘れてきてしまった事に気付く…

 

よしべーの魔法の質問

家族からどんな応援をされたい?

メルマガページ写真590×155

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ